ia-cloudプロジェクトでは、各地の中小企業IoT活用支援機関と連携し、ia-cloudをはじめとしたIoTクラウドサービスとNode-REDによる、IoTアプリケーション構築のハンズオンワークショップを開催しています。

ハンズオンワークショップの概要

ハンズオンワークショップでは、Node-REDの実行環境に、RaspberryPiを利用し、センサボードや製造現場でよく使用されるセンサ機器や制御機器からのデータ収集を行う、エッジアプリケーション(ゲートウエイアプリケーション)の作成を学びます。収集データは、クラウド上のia-cloudサービスへ格納されます。

また、クラウド上に収集されたデータを取り出し、見える化や分析を行うためのグラフ表示などのダッシュボードアプリを作成し、表示を確認します。

通常は、10時から17時までの1日コースで実施します。

利用機材

  • RaspberryPi3 Model B+
  • Grove Pi+  +  数種のセンサ
  • 数種のEnOcean無線センサ
  • 産業用PLC(シーケンサ)
  • 産業用操作表示器
  • リモートIO・温度調節計

利用クラウドサービス

  • ia-cloudお試しサービス(1年間無料で試せる。)
  • 他のクラウドサービスも順次追加予定です。

ネットワーク接続のできるPC or Macを持ち込みください。

センサや制御機器のデータをクラウドサービスへ格納するアプリを作成し、実際に動作させ確認します。クラウドサービスのデータを取り出し、ダッシュボードでグラフ表示などのダッシュボードアプリを作成し、表示を確認します。

これからの開催予定

主催・共催 開催日時 会場

TAMA協会

神奈川産業技術研究所

詳細はこちら

2019年10月4日 川崎市コンベンションホール

TAMA協会

狭山市商工会議所、

さいたま市産業創造財団

2019年10月29日

狭山市産業労働センター

青梅商工会議所

武州工業

2019年11月20日 武州工業株式会社 武州庵 (青梅市) 

実施済みのハンズオンWS

主催 開催日時 会場
TAMA協会 2019年8月28日 武州工業株式会社 武州庵 (青梅市)
東京都IoT研究会 中小製造業のDIY実践IoT活用WG 2019年7月26日 東京都立産業技術開発センター